www.francescogeromin.com

看護師は、休暇をとれないことも珍しくなく、時間外労働や夜勤も多いです。 病院によって休みの回数は違い、少ない病院もあれば、多い病院もあります。 その中でも国立病院は待遇がよく休日は4週間のうち8日で、祝日もきちんと休みになります。 そのに加えて年次休暇、病気休暇、結婚休暇、出産休暇、夏季休暇、子供の看護のための休暇、慶弔休暇などの休暇もきちんと取得する事が出来ます。 これらは普通は労働環境が悪いのが当たり前の看護師業界では天国ですが、逆に民間の病院では、過酷な労働によって過労死する看護師まで出てくる状況です。 民間では利益に走り過ぎるあまり、看護師の労働環境もひどいという病院があるものです。 民間の病院の中には年間の休日が100日未満であるという病院も少なくありません。 年間休日数が105日以下であれば、それは一般サラリーマンよりも休日が少ないと言うことであり、待遇が悪いです。 ブラック企業があるならばブラック医院もあるのです。 看護師を目指すのであれば労働環境が良い国立病院に務めたいものです。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.francescogeromin.com All Rights Reserved.